読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひねもすQuntastic

備忘録的な何か

新曲「EMMA」発売にあたり思うこと。

遅ればせながら、NEWS新曲発売決定おめでとうございます!!

タイトルは「EMMA」。

 

アメリカンハードボイルドな世界観と、セクシャルな大人の色気が混ざりあう恋の物語と銘打った、圧倒的に激しくキャッチーな史上最強のアッパーソング。

 

……期待しかなくない?!?!

2/8発売との事で、今からわくわくですね!

シゲが出演するドラマ「嫌われる勇気」のオープニングテーマとのことで、曲自体は1月上旬には聴けるんだなぁ。

いつもならセルフ焦らしプレイをするんだけれど*1今回ばかりはそうもいかなそう(笑)

まぁC/Wも楽しみですからね!そっちだけでも焦らそうかな。

胸の奥を焦がしてくれるような、そんなあつーい楽曲になっていることを期待します!

 

さぁ、そして。

初回盤Bには「さくらガール」「I・ZA・NA・I・ZU・KI」が4人verで再収録されるとのこと。

それを聞いた時「マジか!めちゃくちゃ楽しみ!」と思ったと同時に、「あ、これ、荒れるな」とも思った(笑)

わたしはNEWSが4人になってからのファン。

だからなのかなぁ、この再収録に楽しみしか見いだせない。

だってテゴマスのI・ZA・NA・I・ZU・KIの大サビのあのハモが音源になるんだよ?そんなの楽しみしかないじゃんか~~~~~~~~~~~

さくらガールのサビのハモりもとてもいいので嬉しい。

 

再収録するからって、6人時代の思い出やこの曲の6人での歌声がなくなてしまうわけではないよね。

こんな言い方をすると火に油を注ぐだけかもしれないけれど、この曲をこれから先歌っていくのは今NEWSとして活動している4人だけだ。

 

それなら、この曲を4人の歌声でアップデートするのは至極自然な事だと思える。*2

 

 

「上書き保存」しなければいいだけの事ではないのかなぁ。

6人の歌声でのさくらガールと4人の歌声でのさくらガール、6人の歌声でのI・ZA・NA・I・ZU・KIと4人の歌声でのI・ZA・NA・I・ZU・KI、それぞれを「名前を付けて保存」すればいい。

4人で新しく歌うからって、思い出が消えるわけではないよね?

 

冷たい言い方するけれど、どのみち6人での歌声が戻ってくるわけではない。これは事実。

 

6人時代に歌われてきた曲を、6人での歌声「だけ」を大事にしたい人たちは大事にすればいいと思う。

でもそれって、再収録しようとしなかろうと同じじゃないの?

だってどのみちLIVEでは歌っているんだもの。

結局個人個人の気持ちの持ち方だけな気がするよ。

わたしは、「どっちも」別物としてとらえて「どっちも」大事にしたいと思います。

 

もちろん、なんか寂しいとか嫌だとか言う気持ちを否定するつもりは毛頭ない。

わたしだって、もし6人時代からのファンなら同じように思ったかもしれないから。

人の気持ちは十人十色あるので、それはそれで「そういう風に思う人もいるんだな。」と理解できる。

だけど、だからってだれかを非難したりするのはやめてほしいなと思います。

 

以上!新規の戯言でした!

とにかくこの「EMMA」が売れてくれることを祈ります。

*1:出来るだけ新鮮な状態でCDを聴きたいのです。

*2:まぁ、なぜシングルのC/Wとして収録するのかは疑問が残るけれど。